テストステロン

テストステロンと薄毛の関係

「性欲が強い人はハゲやすい」とか、聞いたことありませんか?よくテレビのドラマでエロおやじ役を演じている人をハゲている役者を採用することが多いのも、世の中ではハゲ=エロいという暗黙の了解のようなものがあるからではないでしょうか?さて、トレーニングで筋肉がつきやすい人や、トレーニングをすることで分泌が促される男性ホルモンですが、
男性ホルモンは現実にはげる原因をもたらしています。

 

どういうことかというと、これは体内の複雑なメカニズムが関わっています。まず、テストステロンという男性ホルモンが分泌されます。テストステロンはタイトルにもあるようにモテる男性が持っていと言われるモテフェロモンです。このテストステロンが分泌されると体内で5αラダクターゼと呼ばれる酵素が働き、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化させます。このDHTには発毛を阻害させてしまう働きがあるため、ハゲる原因を作ってしまうのです。

 

この男性ホルモンと5αリダクターゼの生成量は遺伝的な要素も大きいといわれており、必ずしも男性ホルモンが多い人がハゲるというわけではありませんが、もともとハゲやすい人とそうでない人がいるらしいです。「男性型脱毛症は遺伝的な要素が大きい」と一般的に言われているのも、この男性ホルモンと酵素が理由です。

 

最近では「飲む育毛剤」として注目を集めているプロペシアが、この5αリダクターゼの働きを抑制することで育毛効果をもたらすことに成功しています。その意味では男性ホルモンよりもむしろこちらの酵素のほうがハゲる重要な原因といえるかもしれません。どちらにしろ、日ごろの対策だけではハゲを食い止めるのが難しい面もあります。ただ、生活習慣で改善することも可能で、ノコギリヤシなどが注目されています。どうしても薄毛の進行が止まらない、という人はヘアクリニックなどに相談するべきですね。

 

ちなみに、まだハゲていない人が、予防の段階で使用しているシャンプーに有名なものがあります。そう、あの雨上がり決死隊がCMしているのでご存知の方が多いと思いますが、スカルプDです。スカルプDはまだハゲていない20代後半から30代前半男性の購入率が高いそうです。

>>スカルプD最新情報

 

 

 

 

 

 

 

TOPに戻る